前に進むか停滞するか!

お見合いとは、お互いに五分五分の条件であるとは云うものの
男性は主導権を握って、先に話しかけたり、自己紹介したりその場を盛り上げようと頑張ります。

ところが、お相手の女性の表情が無表情であったり、不愛想で相づちも返ってこないと
男性は時間と共に手の打ちようがなくなり、やがてどうしようもなくなり
会話も途切れがちで沈黙の世界に突入してしまうケースもあります。

女性が微笑みながら表情豊かに相づちも打ってくれると男性は話易く
話のキャッチボールが出来始めると大いに話も弾み盛り上がります。

お見合い相手の女性が残念ながら少し無表情で
良いご縁に進めなかったしましょう。

そこで自分のコミュニケーション力量の無さを反省し自分磨きに力を入れるか
ただ単に相手に恵まれなかった不運を嘆くか
ここからどちらに進むかによって、成婚までの距離に影響するかもしれません。

人は生涯何らかの勉強を続け前に進むのが良いようです(^^♪

015

海外在住日本人男性とスカイプでお見合い♫

多くの女性は、地元岡山県内の男性と結婚したいと思っています。
少し希望の範囲を広げても、近県までと70~80%の女性はそう思っています。

残り20~30%の女性は、バラエティに富んでいます。
関西までOK、関東までOK、太平洋側の都市ならOK等々
中には、全国どこでもよほどの田舎で無い限りOKと云う方も居られます。

そして、今回日本を飛び出て海外でもOKの女性が
海外在住日本人男性とお見合いが成立しました♫

ただし、男性はそんなに頻繁に日本に帰れるわけではありません。
したがって、お見合いはスカイプを利用してのお見合いになります。

交際に発展しても出会ってのデートは少なく
スカイプやLINEでの遣り取りが中心になると思います。

お見合い相手選択に当たっては、いろんな好条件を設定して範囲を狭める女性が多い中、
条件設定を取り外し幅広くお見合いしていこうとの考えは称賛に価します(^^♪

日本人男性が外国人女性とのお見合いでは、スカイプを利用したことはありますが
今回はそれとは全く逆バーションです。

海外暮らしで、なかなか結婚と云うか、出会いのチャンスすら少なかった男性かもしれませんが
今回のスカイプお見合いで良いご縁に進むチャンスが拡がることを願っています!(^^♪
GL097_L

その場を見ていない私達では判断出来ない相談もあります。

お見合いを終えた会員さんや、交際中の会員さんから私達にいろんな相談が有ります。
それがお見合いのルールであったり、マナーとかの相談は何でもお応えできますが

お見合い時とか交際中のカップルとして二人だけでの会話や行動については
なかなか判断しにくい事が多くなります。

例えば、お見合いした男性会員さんが女性会員さんに対して
「彼女はずっと一人で喋ってました。私は話すタイミングを掴めずほとんど話せませんでした」
それに対して、女性会員は
「男性がお話ししないので、無言の気まずい沈黙時間が嫌なので頑張って話しました」
男性と女性とでお互いの感性の違うケースですね。

このようなケースでは、果たして女性が話し過ぎなのか、男性がもっと話した方が良いのか
その場に居て聞いていない限り正しい判断は出来ません。

そんな時、どうしても相談を受けている側に立った返答になってしまいがちです。
この事例のような場合での女性から相談を受ければ、
「男性は沈黙にならないように話題を用意してきてほしいですよね」となってしまいますが
実態は、男性は普通に話していたにも関わらず、女性が沈黙を恐れて一方的に話したのかもしれません。

類似事例は他にもいろいろありますが
その場を見たり聞いたりしていないと判断が付かない、ふたりの間での会話についての質問も多々有り
相談者寄りの判断になって、正しい判断となっていない可能性も有りそうです(^^♪

89a88adca2f82c0cc452636334410e10_s