真剣交際移行出来ない訳

当方の会員さんと他所の相談所の会員さんが良い関係が続いています。
ぼつぼつ真剣交際移行を意識しながらお相手相談所と話している中で

お相手相談所の本音が聞けました。
お相手は当方の会員と真剣交際寸前まで進んでいるものの
もうひとつ別件のお見合を控えているとのこと。

日程調整がなかなかうまく進まず
以前に決めていたお見合が未だ残っていると云うこと。

そのお見合する前に「真剣交際」の表示は出来ませんよね。
私は納得できますが、さすがに私共の会員さんには話せません。

お相手のお見合が早く終わって、
当方の会員さんが早く真剣交際に進めるように祈っています(^^♪

84c65c748fe7ffcc25dacdccac526f84_s

息子さんをその気させることが出来るか!?

昨日ひょっこり女性が事務所に来店してくれました。
ご本人の婚活相談かと思いきや息子さんの相談とのこと。

30代の息子さん、結婚する気はありそうだけど、毎日帰りが遅く今のところその対象者は居ない
こんな生活をしている若者が多い
結婚する気は有っても毎日の仕事の忙しさに忙殺されてしまう。

一生懸命仕事をすることはとても大切なこと。
残業も、休日出勤も止むを得ないでしょう。
でも、婚活したい時に動ける勇気を持ってほしい。

お母さんには、私の言ってることはよく判って頂けるが
その気持ちを息子さんに伝え、息子さんがその行動をすることが出来るかどうか

こんな家庭は全国にイッパイあるんでしょうね。
婚活が必要な時期に婚活することが大切であることを判ってほしい。

a42c34c31fdf5617a3fe500a87bdf0da_s

「仕事の合間の婚活」の考えを捨てよ!

結婚相談所に入会すれば、結婚相談所が何とかしてくれるのではないか
仕事は相変わらず忙しいが、結婚相談所が何とかしてくれるだろう

そんな「仕事優先」で相談所任せの考え方で結婚相談所に登録する方は苦戦必至です!

「仕事優先」とは言いつつも「土曜」か「日曜」を割り切って休める方は
相談所も何とか出来るものですが、
いつ休めるか判らない状態では、お見合日程の設定すら出来ません。

相手の方が融通を利かせてくれてこちらの休みに合わせてくれれば
何とかお見合出来ますが、相手も同様に仕事優先なら手のうちようが有りません。

普段の優先順位は「仕事」>「趣味」>「友達付き合い」>「婚活」と仕事優先も止むを得ないかもしれませんが
せめて婚活中の優先順位はだけは、
「婚活」>「仕事」>「趣味」>「友達付き合い」と婚活を最優先にしてほしいと思います!

折角、結婚相談所に入会したにも関わらず、その期間の大半を日程調整に使ったのでは
何のための入会か判らなくなってしまいます。

長い人生の中でたった半年程度「婚活」中心の生活が有っても良いとは思いませんか(^^♪

GL193_L