結婚相談所連盟(IBJ)の婚活アプリで成婚を目指そう!♫

今日はJM岡山が加盟している結婚相談所団体で結婚相談所連盟(IBJ)の岡山地区定例会でした。
IBJのいつもの定例会は中国・四国地方定例会ですが、
今回はいつも以上に一人でも多くの相談所に勉強してほしいとのことで
岡山、香川、広島の3会場に分けて開催してくれました。
相談所に対するきめ細かいサービスの一環というところで有難いことです。

主な内容は一人でも多くの会員さんに成婚してもらうための勉強会でした。
システム的に効率的かつ成婚が出やすい方法です。

現在IBJの婚活アプリが有りますが、新規入会者の70%が利用しているそうです。
そのアプリを9月26日頃にはリニューアルして
今まで以上に使いやすく成婚に向かいやすくなるとのこと。
期待感が膨らみますね!(^^♪
既存の会員さんも新規の会員さんもアプリを上手に利用して早めの成婚を目指してほしいです(^_^)

DSC_0730

私たちの提案前に真剣交際移行へ♫

お見合から交際に進み1、2か月経った頃
交際の進行状況に応じて【真剣交際】移行を私たちから提案します。

※真剣交際とは、現在交際中の方に集中することであり
他の方を検索したり、お見合申し込み、お見合申し受けが出来なくなることを云います。

良い交際が続いている交際1か月半の男性に真剣交際を提案すると
「もうそのことは彼女に伝えています」「彼女からOKも貰っています」
そのような返事が返ってきました。

私たちが提案する前に、会員さん自らがその話を進める例は少ないです。
これだけ計画的に積極的に話を進める男性なら成婚までこのまま進めそうな予感がしています。

1か月後の成婚報告が楽しみになってきました(^^♪

43b142dea317b52979bfc8f120b2c578_s

相手の欠点の一つや二つ目をつむれますか!?

あなたの職場や友人の中に仲の良い夫婦が何人か居ると思います。
その夫婦に聞くチャンスが有ったら聞いてみてください。
「配偶者の方には欠点はありませんか?」

そうすると、「欠点の一つやふたつは誰でもあるでしょう、我慢しているだけよ。」
このような内容の返事が返ってくると思います。

そうです。
欠点のひとつやふたつは誰でもあることなんですね。
でも、お見合の時には、それが気になってしまいお断りしてしまう。

この差って何でしょう。
初対面や交際初期段階では、相手の本質が未だ判ってないので
少しの欠点が気になるけど
夫婦になれば、相手のことをよく知っているので
気にならなくなったり、我慢が出来たりするんです。

夫婦になれば我慢できる程度の欠点は
交際初期段階でも我慢しては如何でしょうか。

お見合や初期の交際段階では
相手の少しの欠点は許す気持ちになれれば成婚がグッと近づいてきますよ(^^♪

978423