あなたの婚活スタイルはどちら?

20代後半、30代、40代で独身の方に結婚願望があるかと問うと
殆どの方が結婚願望は有ると応えるでしょう。

それではその願望を叶えるための婚活をしていますか?
と聞くと、婚活しているという方は大きく減ってきますよね。

婚活をしている人の中にも、人によってその活動の濃淡が大きく違います。

◎趣味、友達付き合いよりも優先して婚活する方
具体的に云えば、お見合いのためには、相手の休日に合わせて休暇を取ってでも
積極的にお見合いする方

真逆の方は、
◎自分の都合の良い時、しかも理想の相手が居た時だけ婚活する方
具体的に云えば、お見合いは、仕事とか趣味、友人との交際の合間の
都合の良い時にしようとする方。

最近の傾向は後者の方が増えている傾向があるような気がします。

あなたは、
どちらのスタイルに近いでしょうか?

単純に考えて、どちらのタイプがお見合いのチャンスが多いでしょう!
どちらのスタイルの方が早く結婚出来るでしょう!

あなたが、本当に結婚したいと考えるならば
早く幸せの結婚生活を始めたいと願うなら
これからなすべき行動は決まりましたね(^^♪

84c65c748fe7ffcc25dacdccac526f84_s

お見合いの返事にも思いやりを!

結婚相談所に入会して希望のお相手とのお見合いが成立します。
お見合いが成立すると、相談所を介してお互いの都合の良い日で
お見合日程調整しお見合い日を決定します。

結婚相談所の向こうには常に相手が存在します。

そして、待望のお見合を実施。
お見合いをした結果は、当日又は翌日午前中には結婚相談所に報告しなければなりません。
いわゆる、今後交際を希望するか、今回はご縁が無かったかの報告です。

今までは、お相手のことを強く意識してお見合い申し込み、お見合い日程調整と進んできましたが
お見合いが終わった途端お相手への意識が少し薄まったのではないかと思える方が居られます。

お相手は交際希望であることを伝えていても、ご本人の意思をはっきりしない。
お相手は交際希望を伝えた時点から相手の心待ちしているはずです。

自分が返事をしないと云うことは、お見合いした相手を待たし続けること。
仕事が忙しくてとか自分都合の言い訳ばかりで相手への思い遣りに掛けてしまっては
今後の婚活そのものに暗雲が立ち込めます。

お見合いの返事一つとっても、お相手への思い遣りのある時間帯(期限内)であることが基本です(^^♪

07dc44e1edc6c0843ed3b8ceed07dbb0_s

親御様の手助けは相談所への入会までにしましょう!

なかなか結婚する気配の見えないお子さんに
何とか結婚してほしいと多くの親御さんは願っています。

その中の何割かの親御さんはお子さんの結婚相談所への入会を勧めます。
相談所まで同伴して入会を勧めて下さいます。

でも、親御様のお手伝いは概ねこの辺までで終えておくのが良いでしょう

最終的に入会するかしないかの判断は本人がします。
本人に婚活の意思が無かったり、結婚願望が無かったりの入会は
相手に迷惑をかけることになるかもしれません。

入会後の活動も、相手を選ぶのも、交際に進むも、デートを重ねるのも本人の意思で行うものです。
それに対して親御さんがとやかく口出しするのはよくない結果に進むことが多くなります。

親御様の手助けはお子様が婚活出来る環境を整えてあげるまでに徹することが
結果的に良い結果に繋がります♬
歯がゆい気持ちはよく判りますが入会後は結婚相談所にお任せ下さいね(^^♪

025