男女の思考の違いを理解しよう!

一般的に、男性は理論的で女性は感情的とか云われています。

男性は、分析的で論理的で決断力があり、物事にこだわるところがあり
一方、女性は、感覚的、感情的、現実的で直観力があり、物事にあまりこだわらずに判断するところがある。
というような違いがあるといわれます。

子供の頃、男性が、廻りの環境や変化になかなか対応できずに孤立しがちなのに対し、
女性はすぐに友達を作るなど、瞬く間に順応するところがあったと思います。

恋愛感情を抱く大人になっても同様で男女の感覚に少しズレが出てきます。

交際中の男性が女性に対して何かの行動をしてあげようと提案します。
例えば、寒いからコートを着せてあげようとしますが
女性は「そんなことして頂かなくても結構です」と云ったとします。

男性が表面的に解釈すれば「それはする必要は無いんだ」となりますが
深く考えると、それは女性の頭が言ってる言葉であって
もうひとつの女性のおんなの部分は「早くしてよ」と言ってるかもしれません。

よくドラマの中で、女性が頭ではこの男性と別れたいと思っていても
おんなの部分が別れられないというのがあると思います。

嫌よ嫌よも好きのうちと云う言葉もあります。
(本当に嫌な場合もありますのでくれぐれもご注意を!)

男性は女性に語りかけるだけでなく、おんなの部分に語りかけると効果的です。
そこは、その場の雰囲気と交際の程度で判断しなければなりませんので
少しの訓練がいるかもしれませんが要りますが、男性の感情だけで話すのではなく
常に女性の気持ちになって話すことで少しづつ解消していきますのでご安心下さいね。

7

効率的な婚活をしよう!

お見合いから交際に進んだ場合、一般的には3、4ケ月で成婚に進む方が多い。
したがって、それに向かって、3、4ケ月は効率的に交際(話し合い)をしなければなりません。

特に、結婚後の生活環境等については、デート前半の
2、3回目のデートでお互いに希望等を話し合いをすることが必要です。

それを怠って、肝心のことを成婚前後にようやく話し合って
根本的に考え方が違っていたことが分かったのでは
折角楽しく交際した3か月間がむなしいものになりかねません。

残念ですが、JM岡山の会員さんでもそのような事例が起きてしまいました。

交際中は楽しいこと、趣味のことに夢中になり
少し有頂天になって肝心の話を後回しにしてしまっていたと反省ですが
普通に出会っての友達なら、その交際で問題ありませんが、

結婚を前提としたお見合いでは、
結婚後に生活する環境、考え方等、結婚生活の基盤になることは
早めに話し合うことが必要です。
効率的な婚活を進めましょう(^^♪

タブーな会話

お見合い1時間で真心を伝えよう!♪

通常、お見合いは時間は1時間程度とされています。
お見合いは、初対面の男女がお互い相手の雰囲気、話し方、考え方等を確かめ合う作業です。
お互いに気が合えば、1時間を超えても苦になりませんが、そうばかりではありません。
相性の合わない相手の場合も有り得るので概ね1時間と定めています。

したがって、1時間の中で相手に自分のことを出来るだけ知ってもらわないといけません。

昨日のお見合いで当方30歳男性が20代女性とのお見合いに臨みました。
元々、彼は会話が得意でなく異性とのコミュニケーションも不慣れのため緊張感イッパイでした。
私も笑顔で彼の気持ちをほぐしてあげようといろいろと話しますが、彼の笑顔は一瞬で真顔に戻ります。

お見合い紹介時には、お相手側相談所さんと一緒になって2人を盛り上げて喫茶まで送りました。
彼の表情が硬いままだったのでお見合いの結果が不安でしたが2人は見事に交際スタート出来ました。

彼の表情は硬いままだったようですが、真剣に話す真心が彼女に伝わったようです。

人にはそれぞれ個性が有ります。
会話上手な人、そうでない人
笑顔が直ぐ作れる人、なかなか笑顔が出ない人
一長一短に会話上手になったり、笑顔が作れるようにはならないかもしれません

いくら、会話が上手でなくても、なかなか笑顔が出なくても
真心を込めて真剣にお話することが出来たようです
真心を込めて真剣にお話すればお相手に通じることが出来ました。

彼はこのまま自分の長所を生かし、真心込めた会話で成婚まで前に進んでほしいです。

469217a09e70bb0f471b48836e7ac330_s