岡山50代男性が関西50代女性と成婚♬

一般的に女性は都会での結婚生活を望む方が多い。
都会に住む女性は、自分から地方に住む男性に申し込みすることは殆ど無く
地方の男性からの申し込みが来てもほぼ承諾することはありません。

例外的には、条件が著しく突出するものが有れば別物です。
それは、職業が医師であったり、年収が1千万円を超えているとかです。

極々平凡な岡山の50代男性と関西の50代女性と婚約が成立しました♬
彼の条件は何の特徴もなく、医師でもなく年収もやや低い位です。
性格は極穏やかで優しく誠実ですが、これはお見合いをして会ってみなければ判からないことです。

関西の女性は岡山の男性の何に魅力を感じたのでしょう?

それは年齢です。

中高年女性には、年下男性を希望する人は結構居られます。
彼は年上OKだったのです。
彼は希望のタイプの女性に申し込みしたのですが、その彼女は4歳年上の女性でした。
二人の意気はピッタリ合って2か月で成婚です♬

多くの男性は年下女性を希望します。
しかも、年齢は若ければ若いほど良いとかで、女性の希望の範疇を超えての希望が多い中で
彼の年上女性OKが大きなポイントでした。

お子さんの出産を気にしなくて良い年齢に達した男性は
相手の希望を無視した若ければ若いほど良いとかの希望を封じるだけでも
お見合いのチャンスが拡がり、成婚の早道だと思います(^^♪

fb5a656ae35e5b8e8ada93ef3915e424_s

反省です。

先日当方男性会員のお見合いがありました。
お相手女性は普段から親しくさせて頂いている相談所所属の女性会員さん。

お見合い結果は、良いご縁に繋がらなく、 女性から男性にお断りでした。

それだけなら極一般のお見合いですが
お相手相談所さんから当方男性会員について
「〇〇さんは、最近職業が変わったそうですよ!」と指摘を頂きました。

私共は仕事が変わっていることを知らなかったのでビックリ。

男性会員は私たちへの報告は漏らしていましたが
お相手女性には新しい仕事内容を説明していました。
女性はお相手男性の職業がプロフィールと違えば驚きます。

契約書上会員は、提出情報や記入情報に変更があった場合は直ちに報告することとありますが
私共からそんなに詳しくは説明してないかもしれません。

それにしても、普段私たちがコミュニケーションを深めていれば報告してくれてたでしょうし
男性会員さんともう少し関わっていれば防げたような気がします。
その点が反省点です。(^^;)
011

女性の婚活≠受け身

男女でお見合いすれば、お見合い時の喫茶の支払いは男性が負担します。
交際が成立すれば、ファーストコールは男性から行います。

お見合い&交際のルールで男女の取り決めはそれだけですが
基本的に男女交際が始まれば、男性はリードするよう心掛けるし
女性は男性のアプローチを待とうとする姿勢が多い。
確かにそれはあるべき姿かもしれません。

しかしながら、
女性に交際状況を問い合わせると
「〇〇さんは良い人なんですが、最近連絡が来ないので疎遠になっています」

それを聞くたびに勿体ないことをしている思います。
相手を良い人だと思ってるならなぜ自分から連絡しないのだろう??」

「交際中なんですから、待つだけでなく△△さんからも連絡しましょうよ」
△△さんから連絡してあげると男性も喜ぶと思いますよ」
と女性の背中を押すことが多い。

「なんで、女性の私から連絡しなきゃいけないの」
と思われる女性も居られるかもしれませんが
これと思った男性には是非とも女性からもアタックしましょう!
女性からアタックすれば成婚率は一段と上がりますよ(^^♪

女性