相手の本質を見よう!外観に捉われ過ぎでは?

お見合いや交際は、結婚して夫婦生活を継続する相手に
相応しい相手かどうかを見極めるために行うものです。

それをを見極めるためには何が必要でしょうか。
それは、「愛情」であったり
「感謝の気持ち・思いやり」「経済力」等が主体になるでしょう。

しかしながら、現実のお見合でのお断りの理由を聞いていると
本質ではない目先の理由でお断りする方が結構居られます。

結婚してからどうにでも改善出来ることを理由にしたり
結婚生活にはほとんど影響ないことで断っているている方が居られます。

もしも、二人が結婚していたとしたら、
単なる痴話喧嘩のもならない一笑に付されてしまう程度のことです。

お見合や交際では、けして目先のことだけに捉われず
本質を見極めて判断するよう心がけましょう♬

HW105_L

一度お見合いしてから「お見合い申し込みボタン」が押しやすくなりました。

結婚相談所に入会すると「会員検索」出来て希望のお相手を選ぶだけでなく
「お見合い申し込みボタン」を押すことで
希望のお相手にお見合申し込みすることが出来ます。

相談所からそのように言われて、その理屈も良く判るのですが
ほとんど同じような方が大勢居られるので、申し込みするにはキメテが無く
なかなか申し込みボタンが押せませんでした。

そのように以前仰っていた会員さんが
◆一度お見合した後からは思い切って申し込みが出来るようになりました。
◆森次さんが説明してくれた会員さんにも申し込み出来ます。
と仰います。

未知の世界の第一歩は誰しも簡単に踏み出せないですよね。
何かのヒント、きっかけが有れば動きやすい。
特に最初のうちはその傾向が強いと思います。

会員さんの中には、私が出会ったことがある会員さん
話したことのある会員さん、未だ会ったことのない他社の会員さん等色々です。
気になった方がいた時は一度森次に聞くのも一つの方法ですね♬
気にる会員さんのことが知りたい時は一方下さいね(^^♪

HW116_L

自分の価値を知ってる二人が交際開始♬

会員さんの中には、自分のことをよく知ってる会員さんも居れば
あまり判ってない会員さんも居られます。

婚活市場における自分の立ち位置を理解してい人も居れば
理解していない方も居られます。

自分の立ち位置を理解していない人は
お見合できそうもないかけ離れた異性にお見合を申し込むことが多いですが
理解している人は同じレベルの相手を選びます。

今日お見合した40代後半同士の同年カップルさん
お互いに自分のことを良い条件だと思っていません。
むしろ厳しい条件だと認識できている二人です。

そんな二人が私たちの想定どおり交際に進みました♬
この堅実な二人なら結婚まで進む確率は結構高いのではと思っています。
少しづつ夢が膨らんでいきます(^^♪

8793ab5ef43d8b2ecc6d5f23971abbbb_s