プロポーズ前に親御様への挨拶♬

お見合から交際に進み次に婚約を目指しますが
婚約を終えて双方の親御様へ挨拶する場合もありますが
婚約する前に挨拶するケースもあります。

交際が始まって1カ月経過している女性会員さんが
お相手男性にお母さんに会ってほしいとお願いしました。

男性は快く女性のお母さんにご挨拶に行きお母さんから
真面目そうな男性との評価をもらい気に入ってもらいました。

次は女性会員が男性の親御さんに挨拶行く予定です。
これを恙なく終えると双方の親御さん承認のカップルということになり
70~80%婚約へ近づいたようなもの

婚約後の挨拶も有りですが、婚約前の挨拶も
一歩づつ婚約に向かって前進している実感が双方に感じられ
確実に前進するには良い方法と思います(^^♪

8b190f5dcbb5ea182a924160d79cf59f_s

お見合いの席では最初からマイナス部分を話さないように!

中高年男性のお見合いでは、最初から自分の不利なことを全て語りたがる男性が多い。
全てを語って、それをお相手女性に認めてもらいたい。そんな感情が湧くようです。

しかしながら、お相手女性はそんなに甘くありません。
初対面の男性から男性に関するマイナスな部分を次々に話されて良い印象になる訳はありません。

お見合には、少なからずテクニックも必要です。
初対面ではプラスの面を主体に話すべきです。マイナスの部分は2回目のデート位から小出しで良いでしょう。
お見合いから一回目のデートを終えた頃には、少しづつ愛情が湧いてきたり好感を抱いてくれるでしょうから
それから少しづつのマイナス部分の話を持ち出せば良いと思います。

そうは云っても、女性から質問が有れば最初からマイナスの部分の話もしなければなりません。
嘘や隠し事を推奨している訳ではけしてありません。

女性が男性のマイナス部分を聞くのに
初対面で聞くのと、2回目のデート以降で聞くのとでは、結果は天と地の違いが出てきます。
中高年男性の場合はそのことを十分認識してお見合に臨んでほしいです(^^♪

015

男性はお見合いシミレーションして臨め!

男性と女性とでは、年齢による成長度合いが違うと云われていますが
同年代の男女がお見合をするとそれを感じることがよくあります。

一般的には、
男性が空間認識・構成能力に優れているので地図やグラフを見たり複雑な問題解決が得意であり
女性は直感や分析能力に優れており、同時に様々な処理をするのが得意と云われています。

こんな男女がお見合すればどうなるでしょう。女性の圧勝ですよね(^_^)

実際にお見合をしても、女性は
男性の発言や態度や行動、身なりとかこと細かく分析し冷静に見て判断します。

男性はと云うと、
「良く話せたので良い感じでした」「会話が弾まなく合いそうにありません」とかアバウトな回答が多い。

フイーリング重視とは言いつつも、女性はお見合時(デート中も含む)の男性の服装、態度、発言を
事細かく観察しています。

男性は、無防備で何も考えずお見合に臨んでも勝ち目はありません。
事前に、「自己紹介」、「家族紹介」、「仕事紹介」、「趣味の紹介」等毎に
どんなことを話すかシミレーションして臨むのがお見合成功の第一歩です(^^♪

4c524471b24117357cef8a0cbd162478_s