心地よくお見合い承諾してもらう戦略♫

結婚相談所に登録するとお相手希望を聞いてくれます。
入会申し込み用紙に希望を書き込む場合もあるでしょう。

そこでひとつ注意したいのは
(希望が叶うか叶わないかわからないので、とか、ダメ元で)欲張った希望を書かれる方が居ますが
それは大きく誤った考え方になります。
希望の範囲は出来るだけ拡げるのが正解です。

それはなぜかと云えば、
例えば具体的に、お相手希望欄に「年齢は35歳までの細身の女性を希望します」と書いている男性から
37歳の中肉中背の女性にお見合い申し込みが有ったとしましょう。
その女性はどう感じると思いますか?
ポジティブな女性は「彼の希望は35歳までなのに37歳の私に申し込みしてくれた、嬉しい!!」
と感じてくれるかもしれませんがそれは少数派です。

大半の女性は、
「この男性の希望は私より若くて細い方を希望しているのに・・・渋々申し込みしてきたのかしら ??」
もっと厳しい見方は
「この男性は希望の範囲の女性にほとんど断られたので範囲を広げて申し込みしてくれたのかな?」
そんな憶測まで呼んでしまいます。

最初から希望の範囲を「30代女性を希望します」としていれば何の問題もなく
私は彼の希望の範囲の女性なんだと思ってすんなり気持ちよくお見合い承諾してくれるかもしれません。
お見合いの希望範囲を拡げるのは、お見合いを受ける側の心理を心地良くするための必須戦略です!!

これはほんの一例にすぎません。
希望には、学歴、職業、年齢、年収、身長、地域、同居、子供、養子、等々いろいろあります。
希望の範囲は出来るだけ拡げて出会いの間口を広げてから本当の希望の方に絞り込むのが効率的です(^^♪
是非実行してみて下さいね(^^♪
HW033_L

Posted in 婚活応援ブログ.