「釣書」ってご存知ですか? 釣書サンプルです。

結婚相談所はどこでも「プロフィール」でお相手の情報を知ることになっているので
20代、30代の方は「釣書」ってご存知で無い方が多いと思います。

今も昔も、町の仲人さんは「釣書」でもって結婚希望者同士の情報交換をしています。
昔は大勢居た町の仲人さんも、個人情報が流れることを嫌がる時代になって激減してしまいました。

結婚相談所では、個人情報を出来るだけ秘守するために、
お相手検索に使うプロフィール上に氏名を公表(載せず)しません。
住所は市までの表示であったり、勤務先の具体的会社名を載せず会社員と表現するなど、
いろんな工夫をして個人を特定出来ないようにしています。

ご本人自身で結婚相談所に登録している場合はそのまま成婚まで至るケースが多いですが
親御さんがかかわっている場合などは交際に進んだ時点で釣書の交換を希望することがあります。
そのような場合は、該当者のプロフィール上に、
【交際に進んだ場合「釣書交換」をお願いします】と書かれていますので判るようになっています。

以下に釣書のサンプルを掲示しておきます
釣書サンプル1

釣書サンプル2

釣書にはご本人、家族、親族まで個人情報の詳細が載っていますので
プロフィール以上に取り扱いに注意する必要があります。

これをお見合い当事者同士で交換することで、ご本人だけでなく親御さんの安心も得ることが出来ることになります。
疑問があればいつでもお問い合わせくださいませ。

婚活応援ブログカテゴリーの記事